留學生碩士論文 英國論文 日語論文 澳洲論文 Turnitin剽竊檢測 英語論文發表 留學中國 歐美文學特區 論文寄售中心 論文翻譯中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英語論文題目英語教學英語論文商務英語英語論文格式商務英語翻譯廣告英語商務英語商務英語教學英語翻譯論文英美文學英語語言學文化交流中西方文化差異英語論文范文英語論文開題報告初中英語教學英語論文文獻綜述英語論文參考文獻

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亞論文英國論文加拿大論文芬蘭論文瑞典論文澳洲論文新西蘭論文法國論文香港論文挪威論文美國論文泰國論文馬來西亞論文臺灣論文新加坡論文荷蘭論文南非論文西班牙論文愛爾蘭論文

小學英語教學初中英語教學英語語法高中英語教學大學英語教學聽力口語英語閱讀英語詞匯學英語素質教育英語教育畢業英語教學法

英語論文開題報告英語畢業論文寫作指導英語論文寫作筆記handbook英語論文提綱英語論文參考文獻英語論文文獻綜述Research Proposal代寫留學論文代寫留學作業代寫Essay論文英語摘要英語論文任務書英語論文格式專業名詞turnitin抄襲檢查

temcet聽力雅思考試托福考試GMATGRE職稱英語理工衛生職稱英語綜合職稱英語職稱英語

經貿英語論文題目旅游英語論文題目大學英語論文題目中學英語論文題目小學英語論文題目英語文學論文題目英語教學論文題目英語語言學論文題目委婉語論文題目商務英語論文題目最新英語論文題目英語翻譯論文題目英語跨文化論文題目

日本文學日本語言學商務日語日本歷史日本經濟怎樣寫日語論文日語論文寫作格式日語教學日本社會文化日語開題報告日語論文選題

職稱英語理工完形填空歷年試題模擬試題補全短文概括大意詞匯指導閱讀理解例題習題衛生職稱英語詞匯指導完形填空概括大意歷年試題閱讀理解補全短文模擬試題例題習題綜合職稱英語完形填空歷年試題模擬試題例題習題詞匯指導閱讀理解補全短文概括大意

商務英語翻譯論文廣告英語商務英語商務英語教學

無憂論文網

聯系方式

《便利店人》論——用反諷重建“水箱”

論文作者:留學生論文論文屬性:碩士畢業論文 thesis登出時間:2021-05-18編輯:vicky點擊率:374

論文字數:19825論文編號:org202105080934499209語種:日語 Japanese地區:中國價格:$ 66

關鍵詞:日本文學論文村田沙耶香便利店人反諷水箱

<标题>摘要:本文是一篇日本文學論文,《便利店人》的故事是以主人公古倉惠子為焦點的。古倉對自己出生的異常性進行了自我認識,并不斷摸索著改正的方法,是一位特殊的說話者。這種特殊的設置,降低了讀者接受古倉遠離常人的思考的障礙,持續給予讀者某種提問的效果。在第一章中將這種效果命名為蘇格拉底的愛羅尼。這種手法不單單是形式上的東西,小說需要引起人們的注意,也就是說,它不是戰術上的東西,而是戰略上的東西。

筆者認為對于村田沙耶香來說,“安全的地獄”對于古倉惠子來說是作為烏托邦的便利店,是“水槽”本身。村田沙耶香從村田沙耶香過去作品中描寫的主題中也可以看出,“母親”、“女兒”、“家庭”、“孩子”、“社會”和“個人”,這些就好像“金魚”和“水槽”一樣,相互束縛,創造出栩栩如生的黑暗。以前的小說中一直在破壞這樣的黑暗,但是破壞后并沒有什么特別的東西就像塔達摩托比爾》中語言消失的世界一樣,即使破壞了黑暗,剩下的也只有空白。但是,在“便利店人”重建“水槽”的新選擇,會給黑暗帶來光明吧。


1. 狂気を裝うソクラテス的アイロニー


<标题> 1.1 古倉恵子の造形におけるギミック

古倉恵子の造形について、奧泉光5は「怪物的主人公」であると、島田雅彥6は「サイコパス」であると指摘している。確かに、村田系譜上から見ても、『コンビニ人間』以前の小説の大多數は、特別な狂気に包まれていた。しかし、『コンビニ人間』はその狂気の単なる延長ではなく、それまでで一番上手い「狂気」を描いたと思われる。そこにこの小説の語りのギミックが隠されていると思われる。

<标题> 小説の語り手の造形のギミックは、古倉恵子にある種の先天的な異常性を持たせたことから始まる。

<标题> 幼稚園の彼女が、公園の死んでいる鳥の死體を埋葬している親たちを見て、家族と共に鳥の死を悲しむどころか、鳥の墓に飾られた花の命を親たちが殺していることを逆には不思議に思った。

<标题> その他、スコップで同級生の頭を毆ったり、教室で女教師のスカートを下ろしたりして、教師に散々叱られても、自分のすることがどうして悪いのかがわからない。何故なら彼女にとっては、それは同級生の喧嘩と教師の暴走を止めるのに最も効率のいい方法であるためである。

古倉恵子の子供頃の癥狀は、彼女は人間社會のルールが理解不能が故に起こしたことである。この人間社會のルールに対する異常な疎さを精神科醫は病気と形容するであろう。

彼女の語りではこの病気の認識の問題を上手く回避している。彼女上述したように決してそれが病気であると思っていないが、きっぱりと「私は病気じゃない」と否定する箇所は一箇所もない。

<标题> .......................


<标题> 1.2 狂気を裝うソクラテス的アイロニー

異常の造形による古倉の模倣は、社會と個人の衝突を書くアプローチという機能を果たしている。しかし、彼女の狂気の造形には、もう一つの効果がある。それは、読み手に一種のソクラテス的アイロニーを働きかけることである。ソクラテス的アイロニーとは、ソクラテスが無知を裝って相手と議論するという対話法のことを指す。。ソクラテスは、無知を裝い、相手に質問し、問答を通じて相手の考え方の矛盾點をあばき、自分に知があると思い込んでいる相手に無知を自覚させた。

『コンビニ人間』の古倉恵子の語りの効果には、この無知を裝うアイロニーとかなり似っている部分がある。

例として、友たちがいつまでも戀愛経験のない彼女に遠慮がちな関心を示すと、彼女はその裏を深く読みながら、意味深な問いを呈した。

「皆、私が苦しんでいるということを前提に話をどんどん進めている。たとえ本當にそうだとしても、皆がいうようなわかりやすい形の苦悩とは限らないのに、誰もそこまで考えようとはしない。そのほうが自分たちにとってわかりやすいからそういうことにしたい、と言われている気がした。子供の頃スコップで男子生徒を毆ったときも、「きっと家に問題があるんだ」と根拠のない憶測で家族を責める大人ばかりだった。私が虐待児だとしたら理由が理解できて安心するから、そうに違いない、さっさとそれを認めろ、と言わんばかりだった。

迷惑だなあ、何でそんなに安心したいんだろう」10

この「何でそんなに安心したいだろう」という問いに、古倉恵子の異常性の設置のもう一つの目的が見られる、それは問いかけることである。先天的な異常性を抱え、世間のルールに対して理解できない彼女であるからこそ、こうした問いが自然に発せられる。

..........................


2. コンビニという裝置の意味――「水槽」のメタファーの考察


2.1 安全に模倣ができる場所――『コイビト』の「水槽」

<标题> 第一章で既に説明した通り、古倉はコンビニという居場所に出會うことにより、「人間」への模倣行為をする場所を獲得した。

<标题> 「そのとき、私は、初めて、世界の部品になることができたのだった。私は、今、自分が生まれたと思った。世界の正常な部品としての私が、この日、確かに誕生したのだった。」

<标题> 世界の正常な部品になれたというのは、つまり「正常」な「人間」というラベルを獲得したことである。では、結末で「人間」のラベルをはがされた古倉は、まだ「コンビニ」に執著する理由は何か。その異様な執著ぶりを描寫する下りがある。

「毎日働いているせいか、夢の中でもコンビニのレジを打っていることがよくある。(中略)眠れない夜は、今も蠢いているあの透き通ったガラスの箱のことを思う。清潔な水槽の中で、機械仕掛けのように、今もお店は動いている。その光景を思い浮かべていると、店內の音が鼓膜の內側に蘇ってきて、安心して眠りにつくことができる。」

この下りでコンビニについての描寫に注目しよう、「機械仕掛け」というのは、「部品」などと呼応して確かに文脈にかなった形容である。では「清潔な水槽」はどこからきたか。『コンビニ人間』の中で「水槽」が出現したのは、この一ヶ所だけで、そこだけみると、ただコンビニのガラスの透き通った様を描寫しているようにみえる。そもそも「水槽」という単語のイメージは、その中で生き生きと泳いでいる生命溢れる魚を連想させ、「機械仕掛け」とはかなり不調和である。「機械仕掛け」のイメージも、密集な機械機構が繋がる光景を連想させ、「清潔の水槽」が醸し出す透明感の中で異質的である。

<标题> ......................


2.2 牢獄の確認――『水槽』の「水槽」

<标题> デビューの 2003 年から二年後、村田は『水槽』という短編を発表した。村田の四作目の小説である。未だに単行本に収録されていない作品であるが、水槽のメタファーを考察する上で最も重要な作品である。內容としても『コンビニ人間』に一番近い作品である。

『水槽』は三人稱「彼女」を主人公とした。名前は書かれていない。「彼女」はコンビニ店員で服裝も自転車も灰色で何の変わりもない毎日を送れているが、空想癖がある。ある日「彼女」は勤務中に奇妙な男からビニールの巾著に入れられた金魚を渡された。コンビニの同僚の柿生くんがその金魚を見て、ペットボトルの半分を切り取り、その中に金魚を入れて飼育することにした。最後に柿生くんが金魚に餌を與え過ぎたせいで金魚が死に、その後埋葬された金魚の死體を「彼女」が掘り出し、それを渡してきた奇妙な男の手元に戻した。

<标题> 話の大筋は以上であるが。実際はかなり難解の小説で、ある意味話らしい話がない小説である。しかし、『コンビニ人間』を読んでからこの小説を読み返すとたくさんの発見ができる。

まずは『コンビニ人間』との最大の違いとして、コンビニその空間全體の空気が「狂気」にまみれていることである。一番「狂気」なのは、あの金魚を渡してき本由提供整理,提供,,,,,,相關核心關鍵詞搜索。

共 1/2 頁首頁上一頁12下一頁尾頁


英國英國 澳大利亞澳大利亞 美國美國 加拿大加拿大 新西蘭新西蘭 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韓國韓國 法國法國 德國德國 愛爾蘭愛爾蘭 瑞士瑞士 荷蘭荷蘭 俄羅斯俄羅斯 西班牙西班牙 馬來西亞馬來西亞 南非南非

在線客服

售前咨詢
售后咨詢
微信號
Essay_Cheery
微信
英国代写_代写作业_cs代写_英国论文代写哪家好

在线客服

售前咨询
售后咨询
微信号
Badgeniuscs
微信