留學生碩士論文 英國論文 日語論文 澳洲論文 Turnitin剽竊檢測 英語論文發表 留學中國 歐美文學特區 論文寄售中心 論文翻譯中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英語論文題目英語教學英語論文商務英語英語論文格式商務英語翻譯廣告英語商務英語商務英語教學英語翻譯論文英美文學英語語言學文化交流中西方文化差異英語論文范文英語論文開題報告初中英語教學英語論文文獻綜述英語論文參考文獻

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亞論文英國論文加拿大論文芬蘭論文瑞典論文澳洲論文新西蘭論文法國論文香港論文挪威論文美國論文泰國論文馬來西亞論文臺灣論文新加坡論文荷蘭論文南非論文西班牙論文愛爾蘭論文

小學英語教學初中英語教學英語語法高中英語教學大學英語教學聽力口語英語閱讀英語詞匯學英語素質教育英語教育畢業英語教學法

英語論文開題報告英語畢業論文寫作指導英語論文寫作筆記handbook英語論文提綱英語論文參考文獻英語論文文獻綜述Research Proposal代寫留學論文代寫留學作業代寫Essay論文英語摘要英語論文任務書英語論文格式專業名詞turnitin抄襲檢查

temcet聽力雅思考試托福考試GMATGRE職稱英語理工衛生職稱英語綜合職稱英語職稱英語

經貿英語論文題目旅游英語論文題目大學英語論文題目中學英語論文題目小學英語論文題目英語文學論文題目英語教學論文題目英語語言學論文題目委婉語論文題目商務英語論文題目最新英語論文題目英語翻譯論文題目英語跨文化論文題目

日本文學日本語言學商務日語日本歷史日本經濟怎樣寫日語論文日語論文寫作格式日語教學日本社會文化日語開題報告日語論文選題

職稱英語理工完形填空歷年試題模擬試題補全短文概括大意詞匯指導閱讀理解例題習題衛生職稱英語詞匯指導完形填空概括大意歷年試題閱讀理解補全短文模擬試題例題習題綜合職稱英語完形填空歷年試題模擬試題例題習題詞匯指導閱讀理解補全短文概括大意

商務英語翻譯論文廣告英語商務英語商務英語教學

無憂論文網

聯系方式

國際機制理論視角下的日美“2+2會議”

論文作者:留學生論文論文屬性:碩士畢業論文 thesis登出時間:2021-05-16編輯:vicky點擊率:429

論文字數:24454論文編號:org202105080926034765語種:日語 Japanese地區:中國價格:$ 66

關鍵詞:日語論文選題2+2 會議弱式國際制度美同盟強化合作

摘要:本文是一篇日語論文選題,筆者認為從理論上來說,“2+2會議”充分表現了只有“形式寬松的制度”才有的“柔軟性”“速成性”的特征。日本和美國各自的目標也反映在協議內容上。從現實的視角來看,“2+2會議”具有日美同盟的“領導”——會話協商體制、負責制定和轉換戰略上的長期目標的“舵”、迅速應對當前問題的實用性高的體制這三種性格。

筆者認為“2+2會議”實際上取得了很多實際成果,發揮了顯示日美同盟方向性的非常重要的作用,是屬于日美同盟這一強有力的兩國間體制,也就是說“2+2會議”是日美同盟的下位體制由于該協議的所有結果都會馬上反映到日美同盟的行動上,對于日美同盟來說,沒有這樣繁雜的協商流程會更有效率。


<标题> 1 はじめに


1.1 先行研究に関する分析

1.1.1 日米連攜の制度から

<标题> 「戦略的會話と同盟の転換:日米『2+2』會合のレジーム研究」1は、日米同盟及び日米戦略上の會談メカニズムに関する資料をまとめ、厳密な分析を行い、「2+2」會合メカニズムの沿革や具體的仕組みを整理した。主に日米同盟の範囲で「2+2」會合の役割、同會合の基本的特徴(「戦略重視、雙方の平等性、実用主義の強調、政治的色彩」)、戦略上の機能(日米関係の未來の導き、共同目標の設立及び同盟の変換ルートの作成)について論述し、その他、日米の會談戦略及び日米同盟の変革に関する將來の展開についても述べた。「The Changing US-Japan Alliance--Implications for US Interests」2は、全體から歴史的回顧をし、同盟の実際の移転と提案された移転をもたらした政策変更を検討した。この提案の主な特徴は、日本の米海兵隊員の削減、沖縄における議論の余地のない海上空軍基地の移転、訓練と情報共有における協力の拡大、および命令體制の変更である。提案された変更は、相互運用性、共同ミサイル防衛、および國際業務への日本の參加を重視し、同盟における新たな役割と任務を創出するだろうと論じている。また、同盟をアップグレードするための最も顕著な運用、予算、法律的、社會的課題のいくつかが議論されている。最後は、米國の政策立案者がアジア太平洋における米國の安全保障上の利益を保護するためのいくつかの潛在的な選択肢を提示した。結論としては、同盟の目標を実現するためには、日米雙方の懸念を継続的に管理するだけでなく、地域の安全保障の動向にも注意を払う必要があるという主張である。「2011 年日米『2+2』會合についての分析」3は、2011 年度の「2+2」會合の背景(日米関係の回復、東北アジアの局勢、東日本大震災)を説明し、次にその沿革をまとめ、いくつか重要な分岐點を指摘した(2002、2005,2007,2011)。2011 年度の「共同発表」の分析を通して、同発表は、「中國による影響に対する措置の重要性を強調している」という結論である。

......................


1.2 研究方法

<标题> まずは歴史的分析: 本研究は多くの歴史事実に基づき、研究中には數多くの文獻資料を分析することが必要である。故に歴史分析の方法を用い、歴史的事実を基づき、SCC の発展する過程を明確に把握し、その特徴をまとめる。

<标题> そして比較研究:SCC はいくつかのターニングポイントがある。雙方の各段階における異なる目標、「供給」と「需要」の比較を行う必要がある。

最後は理論と事実を結合する:本研究は、國際レジーム理論や國際制度に関する理論を利用し、SCC レジームのメカニズムや運営プロセスを分析する。また、同レジーの參加者である日米雙方が「形の緩い制度」である「2+2 會合」において積み上げた実績を列挙し、「2+2會合」の強い効力を説明し、形の緩い制度出會っても効率的運行ができるということを実証しようとする。

<标题> .........................


<标题> 2「2+2 會合」の沿革


2.1 60 年代の創始から 90 年代の「彷徨い」

1951 年に遡る。サンフランシスコ講和條約の調印から、日米安全保障條約(舊)の調印———日米同盟の始まりだと思われる。1960 年の安保改定を経て、初めて「2+2 會合」が設置され、第 1 回「2+2 會合」が行われた。そこから 90 年代初頭まではアメリカの「封じ込め政策」の一環として役割を果たしてきたが、しかし 1990 年までは雙方の參會者のレベルが違った。米國側としては、外交擔當の駐日米國大使と防衛擔當の太平洋軍司令官が參加していた。1990 年に米國側の參加者が國務長官と國防長官に格上げ、雙方の參會者レベルが一致となったのである。その後、沖縄に関する事項の発表(1996)、ガイドライン(日米防衛協力のための指針)の改定(1997) (両國間の関係ついては実際、當時の深刻な貿易摩擦により、協力の安定性まで悪影響を及ぼすほど悪化する一方であり、それを調整 修復することが急務となった。90 年代初頭、ソ連の崩壊により日米同盟にとっての外部における最大な脅威は消滅したが、代わりに同盟內部の問題が顕著化してきた。)こうして時代は日米関係の「漂流期」(新たな國際環境に慣れるまでの調整期と言うべきか)の 90 年代から 21 世紀になったのである。雙方は、日米同盟は引き続き自分の機能を果たし、更なる緊密な協力関係を構築していこうと決意した。協力する分野も拡大した。21 世紀の日米同盟は、2+2 會合を通して緊密な協力関係を強化し、共に新たな挑戦に直面する。本世紀の世界情勢から見ると、多極體制の形成などもあり、かつて米國がそれらの地域における優位性が弱まりつつある。その上、地域の不安定やテロリズムの臺頭によりグローバル的安全保障上の脅威が深刻になることもあり、アメリカにとっては、自分の負擔を分けてくれる仲間が必要となった。しかも、アジア太平洋地域だけではなく、更なる広範囲における様々な事態に迅速かつ柔軟な対応が可能となるよう、日本との協力を強化することは特に重要である。雙方の意思疎通がスムーズに進行する會話レジーム(メカニズム)の重要性はここにある。

図1 21 世紀の日米協議の全體像

..........................


<标题> 2.2 影響力の強化

<标题> 日本から東アジア、そしてアジア太平洋から世界へ:最初は、日米安保條約に基づき、アメリカは日本の防衛を擔當したが、「日米同盟」という二國間協力メカニズムの中で最も注目されるレジームともいえよう。日米同盟にとっての諸重大事項はほぼこの會話レジームのもとで協商され、一致できた。(しかも、日米の協力の深化とともに、その影響力も強化されてきた。)

2.2.1「同盟の拡大」

ここの「拡大」は、同盟の參加者規模の拡大ではなく、同盟において協力分野の拡大、活動範囲の拡大及び協力の深化ということである。一般的安全保障分野に留まらず、新興分野における安全保障(情報 宇宙 サイバーなど)における協議も行われるようになったのである。それらの商談は「2+2 會合」を通じて一致に辿り著くことが多い。

例えば、2001 年に米國で同時多発テロ事件をはじめ、テロ事件の増加を背景として、2002 年の 2+2 會合でテロ防止 減少に有効な行動や政策についての意見や決意の一致が達成した。また、2005 年の 2+2 會合では、両國は「日米安全保障體制を中核とする日米同盟関係が地域 世界の平和と安定を高める上で死活的に重要な役割を果たし続けることを認識し、この協力関係を拡大することを確認した。」13

そして、2007 年の「2+2 會合」において、日米同盟の「変革」は完成(2007 年の共同発表「同盟の変革:日米の安全保障及び防衛協力の進展」)し、これより日米同盟は地域的安全保障の同盟だ本由提供整理,提供,,,,,,相關核心關鍵詞搜索。

共 1/2 頁首頁上一頁12下一頁尾頁


英國英國 澳大利亞澳大利亞 美國美國 加拿大加拿大 新西蘭新西蘭 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韓國韓國 法國法國 德國德國 愛爾蘭愛爾蘭 瑞士瑞士 荷蘭荷蘭 俄羅斯俄羅斯 西班牙西班牙 馬來西亞馬來西亞 南非南非

在線客服

售前咨詢
售后咨詢
微信號
Essay_Cheery
微信
英国代写_代写作业_cs代写_英国论文代写哪家好

在线客服

售前咨询
售后咨询
微信号
Badgeniuscs
微信